一般1200円
隣接無料駐車場80台

『ガールズ&パンツアー 劇場版』


上映時間

10:00
14:25
20:40
22:50
ナイトショー


『サクラ花 桜花最後の特攻』
『丑刻ニ参ル』

上映時間

『サクラ花』
12:40
18:20
『丑刻ニ参ル』
16:30


ナイトショー

all image and content are copyright 1998 Theatre Isawa all rights reserved. No reproduction without permission.
Scroll
Scroll





全国大会優勝のエキシビジョンマッチを終えた大洗女子学園戦車道チームのメンバーは、突然、大洗女子学園の廃校決定を知らされる。一同は、学園艦を降り、転校先が決まるまで、大洗の廃校舎で共同生活を送ることになった。そんな中、買い出しの途中に見つけた「ボコミュージアム」を訪れたあんこうチームの5人は、ボコを好きなツインテールの少女と出会う。 生徒会長の杏(cv:福圓美里)は、文科省の役員と再交渉。 (西住)みほの母しほの助けもあり、戦車道の大学選抜チームに勝てば、廃校は撤回されることになった。大学選抜の隊長は、西住流のライバルである島田流家元の娘・愛里寿。みほたちがボコミュージアムで出会った少女だった。 8輌の戦車で、大学選抜の30輌の戦車と戦うことになった大洗。しかも、ルールは全車輛を倒した方が勝利という殲滅戦だった。試合開始直前、みほの脳裏を「今度ばかりは……」という思いがよぎった瞬間、「待ったー」という大きな声と共に、大洗の制服に身を包んだ(みほの姉)まほら黒森峰のメンバーとドイツ戦車軍団が到着。 さらに、サンダース、プラウダらライバルたちが次々に集結。最強の仲間を得たみほたち大洗は、30輌対30輛の同数で大学選抜に挑む!


  




【サクラ花】第2次世界大戦末期に乗員が操縦して敵機に体当たり攻撃をすることから“人間爆弾”ともいわれた兵器「桜花」の真実を、数少ない生還者の証言を基に描く戦争ドラマ。ある生還者の証言を中心に手紙や手記を参考にして、桜花を搭載して茨城県神之池基地から沖縄に向かった8人の兵士たちの運命をつづる。主人公である新米兵士を『ペコロスの母に会いに行く』などの大和田健介が演じるほか、緒形直人、林家三平らが出演。ナレーションを役所広司が担当する。兵士の悲痛な秘話に胸を締め付けられる。 ストーリー:第2次世界大戦末期の1945年6月22日。敵機に向かって突撃する小型特攻機「桜花」が一式陸上攻撃機に搭載され、茨城県の神之池基地から激戦地・沖縄に向かい出撃した。新米兵士の尾崎(大和田健介)ら8人の乗員は、途中アメリカの攻撃を受け死者を出しながらも沖縄に到着する。そして17歳の沖田(佐久間悠)が桜花に乗り込み、尾崎に最後のメッセージを残す。 【丑刻】真冬のある夜、脚本家を目指す健二は、人気のない林道で女が五寸釘を人形に打ち込む姿を目撃する。一旦はその場から逃げ出した健二だったが、脚本の材料になるかもしれないと、再びその場所へ足を踏み入れてしまう。森の奥に入り込んだ健二は、大木に果実のように打ちつけられた無数の人形を目にし、森の奥からはおぞましい息づかいとともに枯れ葉を踏みしめる足音が聞こえてくる